診療案内

診療案内

ホーム > 診療案内 > 耳のこと

耳のこと

– EAR

耳の病気について

期の治療が重要…違和感があれば一度診察へ。

耳の病気は様々ですがその症状は特徴的で、診療によって病名を推測することができます。

耳がかゆい、音が聞こえにくい気がする、耳だれが出てくる、耳鳴りがするなど、症状は様々です。

早期の治療が重要となる場合もございますので、違和感がある方は一度診察にお越しいただくことをおすすめいたします。

耳の病気 -症状一例-

急性中耳炎
お子様に多い耳の病気…発熱を伴うことも。

急性中耳炎は、お子様に多い耳の病気です。風邪をひいた時に起こりやすい病気で、症状としては発熱や耳痛、耳閉感や難聴が挙げられます。

必ずしも鼓膜切開は必要ありません。 他の治療法としては抗生剤、点耳薬などを使う方法があります。

滲出性中耳炎
自覚症状が少なく、気づきにくい病気です。

中耳に滲出液がたまる病気で、痛みを感じることは少ないですが、聞こえが悪くなる病気です。
症状は難聴と耳閉感で、難聴の程度は様々です。
子供から大人までかかることがあります。
痛みが少ないため、病気に気づきにくく、もしお子様がテレビを近くで見ている、呼びかけても返事をしない、音に対して反応が悪いなどのことがありましたら、一度受診されることをおすすめします。

突発性難聴
ストレスや疲労、睡眠不足が原因。早期治療が大切。

突然聞こえが悪くなる病気ですz
めまいを伴うこともあります。
通常は片耳に起こります。

ストレスや疲労、睡眠不足などが原因になるようです。
早期の治療が大事となりますので、症状が見られましたらすぐに診療にいらしてください。

めまい症
原因をお調べいたします。早めにご来院ください。

代表的なものにメニエル病があります。
原因は様々です。
三半規管が原因となるものも少なくありません。

原因と症状について詳しく調べる必要がありますので、耳鼻科にかかることをおすすめします。